幼いころから「地黒だね」と言われ続けていたので、透き通るような素肌はもう憧れてしょうがありませんでした。

 

ですから、思春期を過ぎたころには、美白ケア用品を使うことに何の抵抗もなく、むしろ世の中そんな素晴らしいものがあったんだ、と飛びつきました。しかし、もとはアトピー体質の敏感肌だったことと、吹き出物が出やすい体質だったため、初めに使った美白ケア用品はあまり効果を感じられず、使用をやめました。

 

しかし、どうしてもこの地黒をなんとかしたい、白いと言われないまでも黒いとは言われたくない、との思いでいろいろ調べながら様々な美白ケア用品を試してきました。

 

現在は「お肌きれいだね、白いね」と言われ、ファンデーションも一番明るい色を使えるまでになりました。

 

地黒肌でもあきらめないで。

 

まず、地肌の土台がきれいでないと、美白ケア用品の効果も半減するので、丁寧な洗顔を心がけました。そして、乾燥によってお肌がかゆくなったり吹き出物が出たりするので、丁寧に化粧水・乳液・クリームでしっかり保湿します。これだけでもお肌の透明感が出てきます。1か月は基本のスキンケアだけをを丁寧に行い、お肌の土台を整えました。

 

いよいよ美白ケアです。化粧水・乳液の後にシミやそばかす用の美白美容液を塗り、クリームでしっかりふたをします。1か月、効果がでてきたかな。3か月、シミが薄くなった気がする。6か月、全体的に白くなってきた。1年、シミがほとんど目立たなくなり、お肌のつやが出てきた。

 

敏感肌の方はなるべく添加物の少ないケア用品をお勧めします。最近はたくさんの美白ケア用品が出ているので、自分にぴったりの美白ケア用品を見つけられると思います。また、外側からのケアだけでなく内側からもケアしようと、サプリも飲んでいました。
最後に、一番大事なのは日焼けをしないこと。地黒肌は日焼けしたらすぐ黒くなるので、年中日焼け止めクリームを塗っていました。首やデコルテや手も忘れずに。