肌の乾燥が気になる方は、誰もが保湿を気にしていると思います。

 

しかし「保湿化粧品」をなんとなく選んでいるだけで、しかし、保湿をするために効果がある成分が何なのかしっかり理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

そこで肌を保湿するのに欠かせない成分が何かをここでご紹介します。

肌の細胞の潤いを保つために

 

 

肌の細胞の潤いを保つためには、細胞間脂質の働きが重要になってきます。
この細胞間脂質が、肌細胞のすきまで潤いや油分を閉じ込めることによって人の肌の乾燥を防ぐことができるのです。
この細胞間脂質の半分を構成しているのが、セラミドです。
つまり、セラミドを配合したセラミド化粧品を使用することが、肌の乾燥を防いで潤った肌を保つためには欠かせないのです。
しかし、セラミド化粧品であれば何でもいいわけではないんですよ。

 

セラミドを選ぶ上で

 

セラミドはお肌の救世主

 

セラミドの中にも種類があって、主に「天然セラミド」「天然型セラミド」「疑似セラミド」の3つに分けられます。
保湿効果を高めたいのであれば、肌に直接吸収しやすい天然セラミドの配合されたセラミド化粧品を選ぶことがベストなんです。
また、セラミド化粧品を選ぶ際には、セラミド以外の成分にも注目することが必要です。
セラミドは単体でも効果はありますが、相乗効果が得られる成分や、セラミドと違うメカニズムで保湿に働きかける成分が化粧品に含まれていると
より保湿力が高まります。

 

 

セラミドと相乗効果があるものとしてはヒアルロン酸やコラーゲンが有名です。
異なる作用で保湿に効果があるものとしては、グリセリンや植物油などがあげられます。
私はセラミド配合のスキンケアライン(化粧水、美容液、クリーム)を使用したところ、肌の乾燥が改善され、潤いを取り戻すことができました。ためしてみてくださいね。