巷にはたくさんの美白化粧品があふれており、何を使ったらいいのか、わからないことが多々あると思います。

 

美白というのは、本来の肌の透明感を取戻し、くすみなく健康的な肌の状態を指します。

 

本来の肌の状態が壊される状態というのは、例えば夏場の紫外線が多い時期に外出すると、体内のメラニンが生成されてしまいます。

 

メラニンの生成の役割をする、酵素チロチナーゼというものを阻害する役割を持つというのが、大半の美白化粧品に求められる役割と言えます。メラニンの生成の過程で、体外の肌にシミという状態になって透明感が阻害されます。

 

本来そのメラニンに対して抗酸化作用をもたらし、その生成を阻害する役割が必要です。

 

それは、既にできてしまったシミを改善していくもの、予防美白としての効果などに対して、求められる役割です。ちなみにその成分として有名なものでいうと、ビタミンCなどがありますが、他には、アルブチン、ハイドロキノン、トラネキサム酸などがあり、聞いたことがある方も多いと思います。

 

地黒 白くなりたい

 

既にできてしまったシミに関しては、万能のビタミンCやハイドロキノンが効果的ですが、予防美白としての成分の役割も果たしています。

 

今自分の肌がどのような状態なのか、できたシミを消したいのか、それとも予防したいのかで化粧品に配合されている成分を選んでいくことになるでしょう。