肌には一番理想的な普通肌、皮脂量と水分量が少なく肌がカサカサの状態の乾燥肌、皮脂量、水分量が多く顔全体が脂ぎっている脂性肌の3種類があります。

 

普通肌は体調や年齢によって多少の変化はありますが、
肌トラブルを起こしにくく、またキメ細やかでなめらかな肌、潤いがありしっとりとした誰もが憧れる肌のことです。

 

しかし油断はせずに、洗顔をするときに皮脂を洗い流しすぎないよう気をつけ、
保湿や美白などの成分が入っている化粧水と乳液できちんとお肌のお手入れを続けることが大切です。

 

乾燥肌は敏感肌でもあり、中にはアレルギーを持っている人もいます。
肌がしっとりしていないためツヤがなく、目や口のまわりにシワが出来てしまいます。

 

乾燥肌は年齢とともになることもありますが、水分が蒸発し、皮脂量が減少してしまうことで乾燥肌となります。
そのため、冷房や紫外線にあたり過ぎることが乾燥肌になる原因と言われています。

 

解決策として洗顔方法を見直す必要があります。低刺激で肌に潤いを残してくれる洗顔で、優しく洗います。
洗顔のあとは化粧水で保湿をし、そのあと乳液でしっかりと抑えます。

 

一方、脂性肌は脂が多いためニキビなどが多くなります。
脂性肌は遺伝的なものもありますが、食生活やストレスも原因とされています。
まず食生活を見直し、ストレスをなるべくためないようにします。

 

そして肌のお手入れの方法として、顔全体が脂っぽくなっている人や、
一部分だけ脂っぽい人がいますが、全体的な人はクレンジングで皮脂を洗い流しすぎず、
洗顔後は化粧水だけですませます。

 

また一部分が脂っぽくなっている人は、洗い方は全体が脂っぽい人と同じやり方ですが、その後は保湿と美白成分を含む化粧水で整えてから乳液を薄く全体につけます。

 

どんな肌でも日々のお手入れをきちんとすることで、肌トラブルの少ない綺麗な肌を維持することができます。

 

地黒の美白

 

自分の肌に合った商品を選び、自分に合った洗顔方法やお手入れ方法を知ることが大切です