紫外線が多くなる春から夏にかけては、紫外線により乾燥肌になりやすくなるため、
紫外線の直接影響だけでなく乾燥によりシミやそばかすが出来やすくなってしまいます。

 

そこで乾燥を防ぐだけでなく、シミやそばかすが出来ないようにするためにも美白化粧水が紫外線対策にも効果があります。

 

地黒 美白

 

とくに「アルブチン」が配合されているものであれば、
保湿成分が高いため肌本来のバリア機能を再生するだけでなく、
肌に必要な水分も与えることができるため、肌の乾燥を防ぐことができるのです。

 

美白化粧水をコットンでパッティングしたり、ローションパックをすることで、
シミやそばかすの原因になるメラニンが新たに作られるのを防ぐこともできますし、メラニンを減少させることができます。

 

紫外線に多く当たった日だけでなく、毎日使い続けることでメラニンを抑制することができます。

 

他にビタミンC誘導体が含まれた美白化粧品も、体内の酵素反応によりビタミンCにかわり、メラニンを減少させることができます。

 

しかしビタミンCのものだけですと、刺激が強いため肌を乾燥させてしまう恐れがあるため、保湿力も高い美容液をを使用するか、
ビタミンC誘導体が含まれた美容液を使い、保湿力の高い美白化粧水を使うことでよりシミやそばかすの予防・薄くさせる効果が高まります。

 

美白化粧品を選び際、より安心して効果を得たいのであれば「医薬部外品」として認められているものであれば、
臨床的に実証されているのでシミやそばかすの改善効果がより期待できます。